日本で一番売れているといわれている軽自動車、それはワゴンR。
 
この手の車を選ぶ時にはやはり、価格・機能性・見た目・コストパフォーマンスの良さなどを重視する方が多いだろう。
それらを満たした車それがワゴンR。
 
ワゴンRのいいところは設備の豪華さ、静粛性の高さ、燃費の良さ運動性能の良さなどがあげられる。
 
ワゴンRのいいところである設備の豪華さ。軽自動車とは思えない内装の質感の高さ。
スライドするリアシートとフラットな足元で後部座席も大変広い。衝突時に腰をしっかり拘束する『ダブルプリテンショナーシートベルト』という設備もついている。
(腰をしっかり固定できていないと体全体が前に飛ばされるので、頭がエアバッグを越えてフロントガラスに激突したりしてしまう事がある。)
軽でこれを採用しているのはワゴンRだけだろう。
 
ワゴンRのいいところである静粛性。ある程度スピードを出した方が音が静かになるという。
特に100km/hを超えてからはエンジン音が気にならない程静かになるそうだ。
 
ワゴンRのいいところである燃費の良さ。
平均すると街中乗りでも15km/L位走る。長距離では18km/L〜20km/Lというからかなり燃費がいい。
 
大き過ぎず、重すぎず、小さ過ぎず、燃費も良く、性能も良く、見た目も良いワゴンR。
日常で使う車として大人気である。



Drupalでサイト構築